給湯器交換時に選ぶ良い業者の条件について

  • 給湯器交換を予兆するサインとは

    • 給湯器はまだ故障していない状態でも冬の時期には、寒さで急に給湯器が故障してしまう場合がよくあります。

      夏の時期は大丈夫なのですが特に冬は故障が多くなります。

      これはどうしてかと言いますと、冬は気温が低下するだけでなく、それに比例して水温も低くなっていきます。そうすると夏の間に比べて給湯器でお湯を沸かすのにも一段と労力が必要になってきます。
      このため、給湯器にかかる負担も大きくなってしまうことから故障が増えてしまうのです。給湯器には一般的にこのような傾向があるということは、仮に給湯器が故障して給湯器交換のために業者を呼んでも、他のお宅でも同じような現象が沢山発生しているために工事が混雑してなかなか来てもらえない可能性があるということです。
      ということは冬に故障してしまってからでは判断が遅いということになり、そもそもある程度故障を予測しなければならないということになります。

      ではどのように予測するのかと言いますと、まず設定温度で指定した通りのお湯が出てこなくて冷たいままである、という現象です。


      これは長年使っていると経年劣化のために内部が故障してしまって温度コントロールが効かなくなってきているというサインです。

      早めの給湯器交換が求められます。次に予測したいことは給湯器自体から水漏れが発生しているケースです。
      これも部品の摩耗や経年劣化によって水漏れが発生してきています。

      この現象をそのまま放置しているといずれ電気系統が漏れた水でダメになる可能性があるのでこのケースも給湯器交換をお勧めします。

















  • 関連リンク

    • 給湯器の寿命は、10〜15年といわれています。家族数や給湯器の使い方によって、もっともつ場合も、もたない場合もあります。...

    • 台所のシンクに汚れがたまったときには、大根の切り口にクレンザーをつけて磨くという掃除法で驚くほどキレイになります。しかも、シンクをキズつけずに磨くことができるのです。...